名前・姓名判断| 占術について

あなたの「別性格」を知る

同じ姓名数でも微妙に違う

たとえば、「鈴木恵子」さん、「伊藤さおり」さん、「石川陽子」さんという名前は、どれも姓名数が「0」になりますが、実は、それぞれの名前には、はっきりとした性質上の違いがあります。それは、「姓」と「名」のバランスによるものです。

姓名数「0」には、子供っぽい・影響を受けやすいという特徴がありますが、さらに鈴木さんの場合には「気が小さい」、伊藤さんには「頑固」、石川さんには「友人よりも家族を最優先する」といった特徴が、個別に含まれているのです。

では、次の手順で、あなたの「別性格」を割り出してみましょう。

姓数と名数に分解してみる

診断フォームに姓名をひらがなで入力すると、「姓名数」が表示されますが、姓のみ、あるいは名のみの入力によって、「姓数」あるいは「名数」を割り出すことができます。
姓名だけでなく、姓と名それぞれの特徴を考慮することで、より細かな診断が可能になるでしょう。

これらの数字の関係は、次のようにイメージしてみてください。

例)鈴木太郎さんの場合

  • すずきたろう・・・姓名数(+5)・・・全体の90%の要素
  • すずき・・・・・・・・・・姓数(+2)・・・全体の 5%の要素
  • たろう・・・・・・・・・・・名数(+3)・・・全体の 5%の要素

「姓名数」だけでなく「姓数」「名数」を考慮することで、より細かな相性診断も可能になります。そのいずれかに同じ数字を持っている相手には、どこか似ている、あるいは行動の意図がわかりやすいと感じることがあります。

姓数または名数に「0」を含む人の特徴

たとえば、(姓数・名数)が(-5・0)、(0・+2)、(-1・0)というように、いずれかに「0」を含む人は、そうでない人に比べ、姓名数の特徴が、よりはっきりと表れます。
それは、「0」という数字が比較的、無色透明な性質を持っているためです。

補足になりますが、(姓数・名数)が(0・0)の人は非常に純粋な性質の持ち主で、「周囲の影響を大きく受けやすい」「何でも真に受けてしまう」「寂しいという感情がほとんどない」「情緒不安定に陥りやすい」という特徴があります。また、あまりに純粋すぎることから、身近な人からすると、少し風変りな感じがするかもしれません。
植田式姓名理論では、この(0・0)タイプを、すべての性質の原点としています。

ページトップ

現在地:トップページ占術について